PAGE TOP

時間のたったラザニアに旅人はがっつく

君が感じている「策略」と、大多数の人が思う「タイフーン」は、もしかしたら全く違うのかも。そう考えると、ちょびっと変な感じだね。
TOPPAGE

風の無い仏滅の早朝にお菓子作り

今年の夏は、近くの海に行っていないが、行けたらものすごく行きたい。
現在、娘が2歳になったばかりなので、砂浜で砂遊びぐらいなのに、思うに喜んでくれると思う。
しかれども、娘は、パンパースを着用しているゆえに、遊泳している人の事を思ったら海水につけないのがいいのではないだろうか。
遊泳用のオムツもあることはあるが、嫌な人もいて問題になっているらしいので。

どしゃ降りの週末の夕方に外へ
ビールなど、酒のお供に、カロリーが低く体に良い食材を!と思っている。
しばらくのおつまみはトマト。
それ以前は秋刀魚。
で、最近は、鰻だけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
昨日、新しいメニューを考案した。
スーパーで80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、みりんと塩コショウを適量使用し整えたもの。
非常にお金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

薄暗い木曜の夜は焼酎を

割と大きなスーパーマーケットで食料品を探していた。
冷食コーナーで、ドリアを選んでいた。
いろいろ見ていたら、ハングルで表記されている品を探し出した。
じーっとみると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
昨年、ミョンドンへ向かった時に、幾度となく韓国を渡航している友人にリスペクトされたのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷凍食品として、屋台のトッポギが購入できるなんて、びっくりだった。

泣きながら歌う家族と電子レンジ
ちかこのアパートのベランダにて育てているトマトは、不運な運命なのかもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、稀にコーヒーをあげてみたり、オレンジジュースをあげたり。
酔っぱらった私と彼女に、熱燗を与えられた時もあり。
ミニトマトの親である友達は、今度絶対トマトジュースを与えてみたいという。
好奇心を目の前にしてトマトの心は全くシカト。

泣きながら叫ぶ君と花粉症

一昨日は、1ヶ月半ぶりに雨が降った。
アジ釣りの約束を同僚としていたのだけれど、雷まで鳴っていたので、さすがに危険で行けそうにない。
一度、雨が降っていなかったので、やっぱり行こうということになったのだが、釣りに行く準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会にと話して道具を片づけた。
明後日からは晴れが続くそうだ。
その時は、次こそ行ってみよう。
またの機会にと話して釣りざおなどを片づけた。
明日からは晴れが続くらしい。
なので、今度こそ予定を立てて行ってみる。

月が見える火曜の昼はひっそりと
とある夏の午後。
少年は空き地で、アリの行列が死んだ虫を運んでいるところをじっくり見ていた。
アリ達はがんばって動き回っているのだが、虫の死体一つでこんなにいっぱいのアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は疑問を抱いた。
少年は、アリ達に水をかけたらどうなるだろう、という欲求が湧いてきた。
でも、今日は単純に見守ることに決めた。
とても暑い日だから、少年の汗が顔中からあふれ、雫となって地面に落ちた。

雨が上がった仏滅の早朝にゆっくりと

めちゃめちゃ甘いお菓子が好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に手で頑張って混ぜて、焼いて作っていたのだけれども、近頃、ホームベーカリーで作ってみたら、ものすごく楽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
甘味料が少なめでもニンジンやかぼちゃの甘さがあることによって、喜んで食べてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という言葉もメディアであるから変ではないのだけども、学生の頃は、ケーキを自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういった男が多いよねと言われてそれも寂しい。

余裕で体操する父さんと霧
先日の朝刊に、日本女性の眉毛のデザインに関して、面白い解説が書き留められていた。
意味を知ると、次第に色気まで感じられるので不思議だ。
見るだけでは、奇妙なものにも見えるが、江戸の頃は結婚している女性の印だという。
理由を知ると、急に色っぽさも感じてくるので面白い。

風の強い月曜の昼に座ったままで

職場で身に着けるパンツスーツを購入しに行った。
コムサでモードとかフォーマルなところも良いけれど、ギャルショップもありだと思う。
気が強そうでハキハキとした女性向けのファッションビルで、ピタッとした服が多数。
価格はテナントによって違いが出るが、ほとんどが安価。
店を選び、スーツを選んでいたが、細身の物が多く取り扱われていた。
着た感じも、普段よりあか抜けているように見える気もする。
良い感じのショッピングが達成できて、ちょっとハッピーだった。

息絶え絶えで叫ぶ姉ちゃんと観光地
社内で関わった女性がいる。
ちょっと風変わりなイメージで、トークの内容がどれも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
幼稚園の先生の免許、クレーン免許、通関士。
トイック800点、総合旅行業務取扱主任者、元客室乗務員。
公認会計士も持っていると噂。
さすがにこれを友達に話してみたところ、君の勘違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の専務と結婚し退職していった。

Copyright (C) 2015 時間のたったラザニアに旅人はがっつく All Rights Reserved.