PAGE TOP

時間のたったラザニアに旅人はがっつく

例えば、地球に初めて来たエイリアンに「フライドポテト」のことを説明するとしたら、どうやって説明する?「作家」の成り立ちとか、ううん、そもそも地球や世界の説明から始まるのかな。
TOPPAGE

風の無い仏滅の日没は熱燗を

太宰の斜陽、好きの私は、三津浜の安田屋旅館に行った。
共に文学が割と好きな母。
その安田屋旅館は、作家の太宰がこのストーリーの章の一部を書くために滞在した宿泊施設。
廊下を動くと、ギシッと、響く。
見せてもらったのは、彼が宿泊した二階の古びた部屋。
シルエットのきれいが富士山が半分、顔を見せていた。
目の前の海の中にはいけすが張ってあった。
三津浜は来た甲斐ありまくり。

ノリノリでお喋りする彼と壊れた自動販売機
かなり昔、体の調子が悪い上に、栄養バランスの悪い食事と、眠りの内容が悪かったので、シミが増えた。
改善したいと思って、生活習慣を整え、体にいい事をしようとリサーチした。
数多くの雑誌で勧められたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
今も毎朝飲んでいる。
れもんよりもビタミンが豊富に摂れると言う話だった。
健康的な体と美容はやはりフルーツから出来上がるのかもしれない。

気分良く口笛を吹く兄さんとオレ

一昨日、TVで、マックのチキンナゲットの食感を再現するレシピといって流していた。
大変似ていそうだと考えて、妻に調理してもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの食感ではないけれどうまかったですね。
なんか衣がわずかに違ったけれど、中は、チキンといえばチキンなんだから、自分くらいの味覚では、ほんの少しの違いはわからなくてたいそうおいしかったです。

ぽかぽかした月曜の晩に椅子に座る
漁港の近くに私たち家族は、家があり暮らしているので、地震後の津波を父と母が心配な気持ちをもっている。
ことのほか3月の大震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか丘陵地はすぐ近くに存在するのかとか言ってくる。
自分も憂慮しているのだけど、しかし、うまく条件のあう物件も見つかるわけではない。
とはいえ、ホントに高潮がやってくるとなってしまった際に逃走する経路を思い定めておかないとと思うですが、海の横しか近くに道路がないので、今回、あらためて考えたら怖いということがよくわかった。

勢いで吠える兄弟と暑い日差し

久しぶりに、明日香と麻衣子と海外旅行に行きました。
この2人は、私の学生時代の友人で、一緒に頑張った仲間です。
しかも、勉強していたのが国際観光と英検だったので、旅行が趣味だという生徒たちでいっぱいでした。
その中でも、麻衣子と明日香を含む気の合う6人でさまざまな地へ旅行に行った思い出は懐かしい。
私はもともとそれほど友人が多くないし、しかも十分だと思っています。
だから、めちゃくちゃ嬉しい言葉だけど、すぐ隣で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのもツボでした。

ひんやりした平日の深夜に立ちっぱなしで
今更ながら、小学生のころから高校卒業まで、そんなに学ぶという事をしてこなかった。
他の生徒たちが集中して勉強していても、自分は指示された事をひたすら行うといった感じだったように思う。
だけど、大学に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強に変わると、知識がどばっと入ってくるようになった。
そして、働き始め、研修期間の勉強を経て実際の業務を任されると、今度は頑張って勉強せざるを得なくなった。
めんどくさいとか感じる間もなく、なにがあっても勉強する時期が続いた。
頭を使う期間をしばらくすると、次は学生時代に真面目にしなかった学習をまたしたいと考えるようになった。
そして、同じように感じている人が周りにたくさんいる。

風の無い日曜の午前は読書を

今日の夕食は一家そろって外食なので、少年は嬉しくてしょうがなかった。
何を食べようかな、と出発前からいろいろとシミュレーションしていた。
カレーにパスタ、から揚げ定食とかうどんとか、なんてメニュー一覧には何が載っているのかと想像していた。
行く場所は先日オープンしたレストラン。
お父さんの運転する車は、そろそろお店に到着する頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉さんは少年の隣で、黙って座っている。
少年は車から降りると、喜び勇んで入り口のドアを開けて皆が来るのを待った。

泣きながら自転車をこぐあの子と夕立
子供の3歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどういったものにしようかを考えている。
妻と話して、体で遊ぶ遊具かためになるおもちゃか着るものなどにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決まらないので、実際に見て決めることにしたけど、ピンとくるものがなかった。
けれど、こどもに見せてみたら、あっさりと決めることができた。
すべり台に一生懸命だったから、それに決めた。
ただ、部屋が狭いので、場所をとらないコンパクトなものに決定した。
値段が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

勢いで自転車をこぐ母さんと霧

さやかちゃんはルックスはおっとりしているように見られるようだけど、活動的な女友達。
夫と、3歳の賢治の、一家で、フレンチレストランの隣のアパートに住んでいる。
正社員の仕事も子育ても手際よく行い、毎日が充実していて、時間の使い方は上手い。
少しでも時間があれば、今夜は空いてる?と必ず電話をくれる。
私は頻繁にホットケーキを持って、さやかちゃんの住まいに向かう。

雲が多い週末の日没にカクテルを
暑い季節にあったことをこのシーズンはやっていないが、親戚と今度、コテージを借りBBQをやる。
暑い季節の定番だが、たまには、息抜きになる。
男手が少人数なので、とても色々となんやかんや準備をしないといけない。
特に、炭に火をつけたりが、女性だと苦手な人がまあまあいるので、頑張らないと。
けれども絶対に全員でお酒をがぶがぶ飲むその時は、アルコールをほどほどにするように気をつけよう。

Copyright (C) 2015 時間のたったラザニアに旅人はがっつく All Rights Reserved.